読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾旅行3日目 最後のランチは「辰園」で

マンゴーかき氷でさっぱりした後は、

その辺をうろうろして、屋台など横目で見ながら、

また地下鉄でホテルまで帰ってきました。

最後に利用する駅の窓口で、

EASY CARDの100ドルが返ってくると思い込んで、

「払い戻ししたいんですが〜」と言うと、

な、なんと、運賃分の残り16ドルしか戻って来ない。(^^;;

最初の100ドルはデポジットではなく、

純粋にカード代なのですね。(T_T)

払い戻しなんかしないで持って帰って、

次回の台湾旅行に使うべきだった〜!失敗。


さて、ホテルに戻り、レストランへ直行。

初日から目をつけていた広東料理の名店、

「辰園(ドラゴン)」です。

かなり高級なお店らしいですが、お昼だからか、

皆さんカジュアルな格好で来店してます。


何を注文しようか迷いましたが、

とりあえず、点心類と、麺にしました。


チャーシューをライスペーパーで巻いたもの。

image


ヌメっとして面白い舌触りですが、味がない。(^^;;

トリュフ入り水晶餃子。

image


見た目カラフルで綺麗ですが、これまた味が。。。

醤油を持ってきてもらいました。

それでもちょっと味気ない。


メインにしたのは、広東風海鮮焼きそば。

image


image


これは、文句なしの美味しさ!!

良かった〜〜。

海老、イカ、ホタテ、どれもプリプリで新鮮。

硬い焼きそばにかかっている餡もほどよい味。

これこそ、名店の味という感じでした。


最後にちょっと贅沢した私は、お部屋に戻り、荷物をまとめ、

ラウンジへチェックアウトに行きました。

(通常のチェックアウトは12時ですが、

SPGゴールドの特権で16時までいられます)

支払いを済ませ、名残惜しさの中でジュースを一杯いただき、

1階に降り、タクシーに乗りました。

玄関の係の方が、わざわざタクシーのナンバーをメモし、

手渡してくれます。安心感ありますね。


松山空港に着いたのは、出発時刻の2時間前。

お土産を買おうと思ってたので、余裕を見て。

お土産屋さんは、出国後のスペースの方にたくさんあると信じ、

さっさと出国したのですが、

ゲートに行く手前にあった土産物屋は、

化粧品屋と、お酒とチョコレート専門店の2店だけ!(;_;)

うわー、台湾らしいものがないよー、

嘆きながらも、とりあえず台湾の絵がケースになってるゴディバが。

「台湾でゴディバ。。でもこれしかない」

仕方なく、ベルギー製の台湾土産購入。(笑)


はあ、とため息をつきながら、歩く私は、

その先に、さらに悲劇的な光景を見る。

なんと、その土産物屋2店は、単に目立つ場所にあるだけで、

奥のゲート前スペースには、ちゃんと台湾土産のお店があったのだ!!


ゴディバで予算を使い切ってしまった私は、

ちゃんとした台湾土産は諦めました。(´・_・`)

友達よ、本当にごめん。


6番ゲートに到着すると、まだ前の便が出発したばかりだった。

早く着きすぎちゃったなー、と思いながらボーっとしていると、

小走りにゲートへやってきたおじさんがいました。

中国語だったので何を言ってるのかはわかりませんでしたが、

どうやら、この便に乗り遅れてしまったみたい。

カウンターの男性はおじさんに冷たく、

「あっちで買い直して」みたいな事を言ってる模様。

おじさんは泣きそうな顔で引き返していきました。

買い直すとしたら、すごくお金がかかるだろうし、

時間だってどうなるかわからない。

おじさんかわいそう。(;_;)

(とはいえ私には同情しか出来ない)


1時間後に搭乗が始まりまして、

私は無事に乗ることが出来ました。


帰りは全日空だったのですが、

行きのエバー航空に比べると、座席の形が違うのか、

すごく体に馴染む感じで、座りやすい。

これなら、3時間どころか、6時間位でも平気!

しかも今回の便、WiFiが設置されてる便でした。

離陸した後、早速WiFiに繋いでみました。

うん、これは便利だ!

友達とLINEしたり、Twitterでやりとりしてると、

あっという間に帰国ですよ。(^o^)

3時間で16.95ドルと結構高いけども。


ただ、唯一残念だったのが、テーブルの小ささ。

あまりに小さくて、食事のプレートが来ると、

飲み物を置くスペースがないのです。

しょうがないので、左手にコップ持ちながら食べました。


それさえなければ、全日空ならエコノミーもいいかな、と、

ちょっと思いました。(^_^)

何しろ、少ないマイルで済みますし!


そんなわけで、いろいろ考えさせられる帰国便でした。